自家製酵母のパンとイーストのパン


今朝は久しぶりにクロワッサンとあんぱんを焼きました。


最近は自家製酵母パンが多かったので、インスタントドライイーストを使ったパン作りが新鮮で楽しかったです。


ドライイーストを使ったパン作りのいい所は、パン酵母だけを集めたサラブレッドなので、発酵が早く発酵時間の見通しがつきやすいところ。


ちなみに、自然界に存在する数ある酵母の中で、パンの発酵に適した酵母のみ(学術名サッカロミセスセルビシエ)を抽出し、それだけを純粋に培養したものがドライイーストや生イーストです。


発酵温度と時間の目安がつきやすいので、2時間ほどで一気に作れるのがいいですね😊


それに対して自家製酵母パンのいい所は、こねる時の水温やこねあげ温度を計らなくてもいいところ。


何故かというと、長時間発酵させるので最終的にはあまり関係ないからです。


もちろん、発酵中は温度管理しています。


自家製天然酵母は、酵母菌、酢酸菌、乳酸菌麹菌などさまざまな菌を育てて作るので香りは芳醇ですが、発酵時間は個体差があり時間がかかります。



どんなパンを作るのか、どんな酵母を使うのかは、好みだったり、ご自分の生活やタイムテーブルに合わせて選んで頂ければ暮らしに取り入れやすいと思います。


個人的な好みでは、
ドライイーストは惣菜パンや菓子パン、デニッシュ系。


自家製酵母(ドライフルーツ)は、カンパーニュ。


自家製酵母(お米と麹)は、食パン。


パンの種類によって酵母を変えて焼いています✨

0コメント

  • 1000 / 1000

『おやこパン教室』『お楽しみパン教室』

竹炭や麹などの健康食材を使ってお母さん目線で家族に食べさせたいパン、可愛いくて美味しいパンを作ります☆ オンラインレッスンあり。