放ったらかしで本当にいいの?


酵母エキス作り、元種作り、レシピについて、ここ数ヶ月やり方や温度管理、配合を変えて検証していました。


今回のカンパーニュは見た目もクラムも味も、予定通りの焼き上がりでした。


自家製酵母パンは、
【こねるの簡単】
【ズボラで放ったらかし】
などと書かれているものもありますが、
やはり美味しくてボリュームある見た目にしたい場合は、温度管理をして酵母エキスをしっかり作る必要があると思っています。


この酵母エキスという土台がしっかりしているから
→元種もふんわり
→一次発酵時、よく膨らむ
→仕上発酵時、揺らすとフルフルになるくらいガス含みがいい
→焼成時、勢いよくボリュームが出る


なんだか子育てみたい⭐︎


子どもがベビー時代に参加した公民館のイベントで、子育てセミナーがありました。


その時に講師の方が話していた子育て四訓
を思い出します。


1、乳児はしっかり肌を離すな
2、幼児は肌を離せ、手を離すな
3、少年は手を離せ、目を離すな
4、青年は目を離せ、心を離すな


子どもを信じて見守っていられるのは、肌身離さず過ごした乳幼児期の信頼関係の土台があるから。


自家製酵母パンも酵母エキス時代にしっかり温度管理をして、観察して味見して酵母菌を増やして土台を作れたら、少々放ったらかしておいても膨らんでくれるのだと思います。


最初から放ったらかしで美味しくボリュームのあるパンが焼けるのは奇跡的なんじゃないかと思います。


0コメント

  • 1000 / 1000

『おやこパン教室』『お楽しみパン教室』

竹炭や麹などの健康食材を使ってお母さん目線で家族に食べさせたいパン、可愛いくて美味しいパンを作ります☆ オンラインレッスンあり。