ロールインバターとは


デニッシュやパイ用に開発されたバターです。


生地に20%以上の油脂を用いるデニッシュやパイに使用するバターは、仕上げ発酵(30〜32℃)の高温でも溶けて流れ出ず、低温で柔らかく食べた時に口溶けの良い特性を合わせもっています。

このロールインバターがない場合には、普通のバターを叩いて伸ばし薄くしてから生地に折り込んでいけば、デニッシュやクロワッサンが作れます(^^)


なぜ層が出来るのかというと、オーブンの中でパンが加熱された時に、何層にも折り込まれた生地と生地の間に挟まったバターが溶けて油の膜を作り、一枚一枚の層に分かれます。


それと同時に、バターに含まれている水分が蒸発する時の水蒸気圧でパン生地層が離れて持ち上がるからです(^^)


0コメント

  • 1000 / 1000

きみパン

『ビールと粉を混ぜるだけのラクチン自家製天然酵母のパン教室』です。長期休みには親子パン教室があります🎵